消防・消防団・警察・海保・自衛隊をサポートする通販サイト

Brands

主な取り扱いブランド

2023.9.15

消防救助技術大会
全国消防救助技術大会 北海道 札幌

第51回全国消防救助技術大会in札幌 2023 ナンバーワンTシャツ獲得者コメント紹介

  • LINEで送る

北海道の地で大きな盛り上がりをみせた第51回全国消防救助技術大会 in 札幌。全国から各種目にて最高峰レベルの猛者たちが集い、熱戦を繰り広げました。
シグナルでは、今年もレベルの高い全国大会において最速タイムを記録された大会出場者に敬意の気持ちを込めて「ナンバーワンTシャツ」を贈呈しました。
本記事では、ナンバーワンTシャツを獲得された方からいただいたコメントをたっぷりご紹介します。

※掲載許可をいただいた方のみのご紹介になります。

ほふく救出
3人1組(要救助者を含む)で実施し、一人が空気呼吸器を装着して長さ8mの煙道を検索し、要救助者を屋外に救出したあと、2人で安全地点まで搬送する。ビルや地下街などで煙にまかれた人を救出するための訓練。

今大会最速タイムおよび記録者

タイム 33.8秒
※標準所要時間:1分2秒
都道府県 千葉県
所属本部名 成田市消防本部
出場者名 [消防司令補] 安藤 達郎(38)
[消防士長] 平久保 新悟(32)
[消防副士長] 鈴木 暁斗(27)

land1_chiba

最速タイムを記録された今の率直な気持ちをどうぞ!

現時点は通過点であり、来年の2連覇に向けてさらなる技術の向上をめざしたい。

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

暑熱順化トレーニング。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

メンタルトレーニング。

あなたにとって救助大会とは?

人生。

ロープブリッジ渡過
水平に展張された渡過ロープ20m(往復40m)を、往路はセイラー渡過、復路はモンキー渡過で渡る。ロープ渡過の基本的な訓練。

今大会最速タイムおよび記録者

タイム 15.7秒
※標準所要時間:28秒
都道府県 長野県
所属本部名 上田地域広域連合消防本部
出場者名 [消防副士長] 佐藤 優樹(31) 

land2_nagano

最速タイムを記録された今の率直な気持ちをどうぞ!

今まで訓練してきた成果がしっかりと発揮できたこと、努力が報われたことへの達成感や、安堵感でいっぱいです。

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

大会本番でいかに、いつもどおりの訓練をすることにこだわって精神面の訓練に重きをおいていました。あえて、プレッシャーをかけ、本番に近づけた環境で訓練をしていました。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

今回の大会では、絶対に妥協しないと決めて臨んでいたため、誰よりも準備をしてきたという自負があります。思い残すことや、改善点などは何もなく、走り抜けることができました。

あなたにとって救助大会とは?

一人ひとりにさまざまなドラマがあり、救助隊員にとって欠かすことのできない場であるとともに、熱い男たち(救助隊員)の成長できる場です。

はしご登はん
自己確保の命綱を結索したあと、垂直はしごを15メートル登はんする。災害建物への進入等、消防活動には欠かせない訓練。

今大会最速タイムおよび記録チーム

タイム 14.2秒
※標準所要時間:24秒
都道府県 神奈川県
所属本部名 大和市消防本部
出場者名 [消防士] 荒井 翼(24)

land3_kanagawa

最速タイムを記録された今の率直な気持ちをどうぞ!

とにかくナンバーワンTシャツを着れて嬉しいです。
周りの皆さんの協力があっての結果なので、周りの人に感謝したいです。

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

先輩や後輩の意見を常に取り入れて、日々訓練した結果だと思います。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

所属全員で勝ちに取り組めたので、後悔などはないです。

あなたにとって救助大会とは?

日本一になっていろいろな人に「おめでとう!」を言っていただいたので、周りに感謝を結果で伝えられる場だと思います。

引揚救助
5人1組(要救助者含む)で、2人が空気呼吸器を装着して塔上から塔下へ降下し、検索後、要救助者を塔下へ搬送。4人で協力して塔上へ救出したあと、ロープ登はんにより脱出する。地下やマンホール等での災害を想定した訓練。

今大会最速タイムおよび記録チーム

タイム 1分16.4秒
※標準所要時間:2分9秒
都道府県 千葉県
所属本部名 浦安市消防本部
出場者名 [消防士長] 金林 正人(38)
[消防士長] 大塚 純也(31)
[消防士長] 小西 雄真(31)
[消防副士長] 金木 大(29)
[消防士] 寺鍛冶 工(23)

land4_kawaguchi

最速タイムを記録された今の率直な気持ちをどうぞ!

最高の気分です。

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

訓練を行う度に話しあいをし、それぞれの意見を出しあいました。
全員の忌憚のない意見が技術などのチーム力を高めることにつながったと思います。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

さまざまなやり方があり、その良さなどを吸収していけたらと感じました、日ごろの訓練は、チーム全員で考え、試行錯誤を繰り返し、この舞台にたどりついたので、やり残したことはありません。

あなたにとって救助大会とは?

感謝、忍耐力、協調性の大切さを教えてくれる場であり、消防人、社会人として成長させてくれるものです。

ロープブリッジ救出
4人1組(要救助者を含む)で実施し、2人が水平に展張された渡過ロープ(20メートル)により対岸の塔上へ進入。要救助者を救出ロープに吊り下げ、けん引して救出したあと、脱出する。建物や河川の中洲等に取り残された要救助者を救出することを想定した訓練。

今大会最速タイムおよび記録チーム

タイム 45.3秒
※標準所要時間:1分15秒
都道府県 埼玉県
所属本部名 川口市消防局
出場者名 [消防司令補] 松本 俊(35)
[消防司令補] 須賀 浩之(33)
[消防士長] 渡辺 一貴(31)
[消防士長] 坂上 憲昌(31)

land5_urayasu

最速タイムを記録された今の率直な気持ちをどうぞ!

最高です。

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

メンタルトレーニング。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

訓練に終わりなし。

あなたにとって救助大会とは?

恩返しの場。

ロープ応用登はん
登はん者と補助者が2人1組で協力し、資機材を使わずに塔上から垂下されたロープを15m登はんする。登はん者の腕力だけでなく、補助者との呼吸が重要なポイントとなる。

今大会最速タイムおよび記録チーム

タイム 9.6秒
※標準所要時間:16秒
都道府県 大阪府
所属本部名 大阪市消防局
出場者名 [消防司令補] 一村 俊介(43)
[消防士長] 長瀬 彬(34)

land6_osaka

最速タイムを記録された今の率直な気持ちをどうぞ!

大阪市の代表としてロープを登り続け、8年越しで、念願の目標を達成できて非常に安堵しています。

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

例年と比べて準備時間の短縮や普段の施設との違いがあったため、通常どおりの準備ができるように工夫をすることや全国大会と同様の訓練施設に作り替えて訓練を実施してきました。また、ロープのコンディションに関らず、自分たちの技術を発揮するためにメンタルの安定を意識しました。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

取り組んできたことに後悔はありませんが、全国大会での施設や進行等、初めて訓練を行う施設であったり、慣れない環境に出くわすことも多々あります。どのような状況にあっても、その状況を受け入れて自分たちの力を発揮できるように準備してきたすべてに自信を持って、ブレない気持ちを強くもつことが重要だと感じました。

あなたにとって救助大会とは?

災害現場で「絶対に助ける」というあきらめない気持ちを持つために必要な強靭な精神力、技術、体力を養う場であり、またこれらも含め消防職員として必要な他の模範となる基本が詰め込まれた訓練だと思います。

障害突破
5人1組(補助者を含む)で4人が緊密なる連携のもと、一致協力して「乗り越える」 「登る」 「渡る」 「降りる」 「濃煙を通過する」という基本動作により5つの障害を突破する。災害現場のさまざまな障害を想定し、いかなる状況下においても対応することを目的とした訓練。大会の花形種目。

今大会最速タイムおよび記録チーム(同タイムのため2チーム紹介)

タイム 1分40.7秒
※標準所要時間:2分37秒
都道府県 千葉県
所属本部名 成田市消防本部
出場者名 [消防司令補] 村松 博文(34)
[消防士長] 大森 脩登(32)
[消防士長] 布留川 拓郎(32)
[消防士長] 小林 史和(32)
[消防士長] 菅澤 周太(30)

land7_narita

最速タイムを記録された今の率直な気持ちをどうぞ!

日々、支えてくださった家族や職場の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
消防人生で忘れられない1日になりました。

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

どのような環境下においても、常に同じ動きができるよう心掛けております。日ごろの訓練において減点なしの行動を意識して訓練を行っています。
また、全国大会は初見の施設で臨むため、他市町村の消防本部と合同訓練を行わせていただき、全国大会同様に施設を触らずに通すという訓練を行ってきました。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

障害突破は5人で1チームの団体種目です。全員の技術のレベルを合わせることも難しいですが大会当日のモチベーションや精神状態を合わせることの方がより難しいと感じました。
全国1位のタイムを狙うには5人全員がその気持ちで取り組むことが重要だと思います。

あなたにとって救助大会とは?

日ごろ行ってきた訓練を家族や市民のみなさんに見てもらえる最高の舞台です。また、さまざまな地区から集まった救助隊員と交流できる場でもあると思います。

タイム 1分40.7秒
※標準所要時間:2分37秒
都道府県 北海道
所属本部名 札幌市消防局
出場者名 [消防士] 工藤 周平(25)
[消防士] 菊池 健太(25)
[消防士] 木村 真太郎(23)
[消防士] 今井 飛翔 (22)
[消防士] 千秋 虹太郎(22)

land7a_sapporo

最速タイムを記録された今の率直な気持ちをどうぞ!

全国から精鋭が集結した全国大会という大舞台で、自分たちの力を発揮することができたことに対して達成感が込み上げました。
そして今大会に向けてご支援・ご協力をいただいた方々に、あらためて感謝を伝えたいと思います。

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

全国大会に向けてチームとして何よりも重視し意識したことはすべての行動に罰則がない「綺麗な訓練」を作り上げることでした。
そのために個々で訓練時に意識していたことは、常に「考える」ことです。どのようにすればより安全に、より正確に、より速く自分が行動できるのかを考え、ただ黙々とやることだけは絶対にしないようにしていました。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

私たちは昨年の12月1日からこの「障害突破訓練」を始めました。そこから約9カ月間にわたり訓練に励みましたが、完璧と呼べるところはなく、すべてにおいてまだ改善の余地があると感じています。そのなかでも、煙道通過後の誘導ロープの撤収スピードの違いは全国大会のレベルの高さを思い知らされました。

あなたにとって救助大会とは?

全国の消防本部がそれぞれの技術を披露しあい、ともに救助技術を高めあう場であり、消防機関を信頼し安心感を持っていただけるよう、地域住民の皆さまに日ごろの訓練成果を披露できる場であると考えています。
そして、救助大会に臨むなかで、今後救助隊員として活動するために必要な力を身に付ける場でもあります。

fukugokensaku

複合検索
マスク、スノーケル、フィンを着装し、スノーケリングで障害物(救命浮環)を突破しながら水中に沈められたリングを検索して、引き揚げる。水中の行方不明者の検索を想定した訓練。

今大会最速タイムおよび記録者

タイム 24.3秒
※標準所要時間:40秒
都道府県 神奈川県
所属本部名 海老名市消防本部
出場者名 [消防士] 矢澤 優人(27)

water1_kanagawa

最速タイムを記録された今の率直な気持ちをどうぞ!

訓練を見てくださった方々への感謝の気持ちでいっぱいです。自分だけの力だけではここまでこれませんでした。

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

常に本番を意識したレースのトレーニングを行いました。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

1年を通じて訓練に耐えきれる身体作りをしたかったです。

あなたにとって救助大会とは?

自分が助けられた周りの方々に感謝を返す場です。

基本泳法
「じゅんか飛び込み」で入水した後、常に顔が水面に出た状態で、基本的な泳法である「ぬき手」と「平泳ぎ」でそれぞれ25メートルずつ泳ぐ。水難救助の基本的な泳法を習得するための訓練。

今大会最速タイムおよび記録者

タイム 30.4秒
※標準所要時間:40秒
都道府県 石川県
所属本部名 白山野々市広域消防本部
出場者名 [消防副士長] 刈本 大洋(24)

water2_ishikawa

最速タイムを記録された今の率直な気持ちをどうぞ!

個人種目は1度しかチャンスがないので、この1年の練習の成果が出せてよかった。

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

7月に行われた世界水泳を見て、速い人の泳ぎを研究しました。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

後半バテてしまったので、後半がもっと強くなれるように練習量を積むべきだった。

あなたにとって救助大会とは?

1年に1回の大舞台で住民の方々に訓練の成果を見せる場です。

no1-title6

人命救助
3人1組(要救助者を含む)で救助者が「二重もやい結び」のロープをたすき掛けにして要救助者の位置まで泳ぎ、要救助者をクロスチェストキャリーで確保し、補助者が救助ロープをたぐり寄せて救助したあと、再び水没しつつある要救助者(訓練人形)を水面に引き揚げ、救助する訓練。

今大会最速タイムおよび記録チーム

タイム 50.5秒
※標準所要時間:1分13秒
都道府県 新潟県
所属本部名 新潟市消防局
出場者名 [消防士] 渡邊 和樹(29)
[消防士] 橘 寿希也(26)
[消防士] 小杉 悠太(26)

water3_niigata

最速タイムを記録された今の率直な気持ちをどうぞ!

今まで取り組んできた成果を発揮できてとても嬉しいです。

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

とにかく通し訓練をこなす。反省点をチーム全員で共有する。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

泳者は単純に泳力強化、補助者は引き強化を行い個の力を上げる。

あなたにとって救助大会とは?

体力、精神力、技術力を養える場。

dekishahanso

溺者搬送
2人1組(要救助者を含む)で、救助者が「じゅんか飛び込み」で入水後、要救助者(溺者)を注視しながら近づき、チンプールで確保した後、ヘアーキャリーにより救助する訓練。

今大会最速タイムおよび記録チーム

タイム 26.6秒
※標準所要時間:42秒
都道府県 埼玉県
所属本部名 草加八潮消防局
出場者名 [消防司令補] 高津 雄一(37)
[消防士長] 里 純哉(35)

water4_saitama

最速タイムを記録された今の率直なお気持ちをお願いいたします!

最高です!!

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

お互いの連携を高めることを意識しました。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

出し切ったため、もうこれ以上はありません!!

あなたにとって救助大会とは?

全国の消防職員と同じ意識を持って頑張ることのできる大会です!!

no1-title81

水中検索救助
4人1組で第一泳者が水面を、第二泳者が水中をそれぞれ検索し、水没している要救助者(訓練人形)を発見して水面へ引き揚げた後、第三泳者と第四泳者が協力して対岸の救出地点まで搬送し、救助する訓練。

今大会最速タイムおよび記録チーム

タイム 66.1秒
※標準所要時間:102秒
都道府県 神奈川県
所属本部名 川崎市消防局
出場者名 [消防士長] 城 敬(36)
[消防士長] 若生 昌弘(34)
[消防士] 深野 祐輔(31)
[消防士] 矢澤 隼人(30)

water5_kawasaki

最速タイムを記録された今の率直なお気持ちをお願いいたします!

減点なく無事入賞することができ、嬉しく思います。
協力してくれた周りの方々に感謝です。

全国大会出場に向けて、意識して取り組んだトレーニング方法は?

本番を想定した集中力の高い通し訓練。
各隊員との連携を重要視した部分訓練。

もっとこんな訓練をしておけばよかった、さらに改善できると感じた部分は?

移動時間が長かったため、いかに疲労をためないかをもっと考えればよかった。
関東地区指導会から全国救助大会までの間の訓練回数が少なかった。

あなたにとって救助大会とは?

恩返しの場。

シグナルからのメッセージ

第51回全国消防救助技術大会 in 札幌に出場された全国の救助隊員の皆さま、応援に駆けつけて来られた皆さま、本当にお疲れさまでした。

今年の大会は例年にない暑さでしたが、過酷な環境のなかでも各県代表隊員による高度な救助技術を発揮されていました。その高度な技術を間近で見ることができ、シグナルスタッフ一同大いに刺激を受けました。また、皆さまのコメントからメンタル面がいかに重要かが伝わりました。どのような環境でも高い技術を発揮するには、心技体すべての要素が必要だと感じることができました。

そして、そのなかで最優秀な成績を収められた皆さまにおきましては、あらためましておめでとうございます。ささやかな贈り物ではありますが、皆さまにとって大切な思い出となれば幸いです。また、取材へのご協力をいただきまして誠にありがとうございました。
私たちシグナルも次回の2024年度の全国救助大会に向けて準備を進めてまいります。来年、各地区指導会をはじめ、全国の舞台でもまた皆さまにお会いできることを楽しみにしております!

  • LINEで送る